トップ 最新 追記

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2013-10-01 [長年日記]

_ QNAP TS-470

手元で最近まで Opteron サーバー + NAS で使ってた環境をもってましたが,QNAP から TS-470 が出て,これなら1台で全部済ませられるかなと思ったのでこれを購入してみました.

これまで使っていた NAS は QNAP TS-412 でしたが,ネットワーク越しにファイルコピーしただけで CPU をほぼ使い切っていましたので,何か仕事をさせるには CPU のパワーが全然足りてません.なので,純粋に NAS としてしか使っていませんでした.一方,購入した TS-470 のスペックはほぼ PC と同じ感じ.CPU も Intel 2.6GHz Dual-core だし,メモリは MAX まで積めば 16G までいける.NIC もカード交換すれば 10Gb に対応.

バックアップもかねて,一旦,TS-412 の内容を別のハードディスクにバックアップとってから,ハードディスクを TS-470 に移しました.QNAP 同士なので,RAID 構成を同じにすればフォーマットせずにそのまま載せ替えて使うことも可能かなとは思いましたが,何となく気持ち悪い気もしたので TS-470 上で一旦ハードディスク初期化して再構成,その後,バックアップからファイルを戻す形を取りました.再構成にかかる時間もこれまでの環境等とは雲泥の差ですね.3T x 4 の RAID5 構成ですが,構成は10分くらいで終わりました.ファイル転送も全然速度が早いですね.

これまで QNAP の NAS 製品は TS-412, TS-421 などいくつか使ってきましたが,全部 Marvell CPU のものばかりでした.今回初めて Intel CPU の QNAP NAS を購入してみましたが,Marvell には用意されていなかった VMware などもあるのでデータベースや web サーバーだけではなく,仮想環境も使えるのでちょっと楽しみです.

まだ購入して時間が経ってないので,ファイルを戻して NAS 環境としてしか使っていませんが,ファイルを頻繁に読み書きしても CPU は半分くらいしか使ってないので,いろんなサーバー機能を動作させても問題なく使えそうな雰囲気ですね.一通り試して問題なさそうなら,これまで使ってたサーバーは処分するつもり.

NAS なのに HDMI 出力も付いていてメディアプレーヤー機能も持っているので,このメディアプレーヤー機能の使い勝手が良ければ,PS3 の代わりにもなるから PS3 も本当に処分できるなぁ.

あ,NAS 用の UPS を持ってないからサーバー兼用させるなら購入しておかないと危険だなぁ.

_ QNAP のメディアプレーヤー

以前,NMP-1000P を使っていたことがあります.

これ,QNAP 製品なので NAS 機能も充実してた上に,出た当時はめずらしく BD ISO が再生できたので購入したのですが,ファンの音がうるさいのと動作がもっさりしてたので手放してしまいました.別に NAS を持っていたというのもありますが.機能的には問題なかったんですけどね.

TS-470 がこれと同じくらいの機能を持ってれば,本当に PS3 要らないなぁ.

ちょっとワクワク.


2013-10-03 [長年日記]

_ HD station on TS-470

HD station というのがメディアプレーヤー機能のことです.少し使ってみましたが,全体的には良い感じです.ただ,物理的なリモコンが使えないのがやっぱりつらいですね.

スマフォに Qremote をインストールすればリモコンとして使えますが,タッチパネルなのでスマフォの画面見ながら使う形になり使い勝手はイマイチです.メディアプレーヤーとして使って,かつリモコンが必須だとリモコンの受光部を持ってる TS-469 などの方が良いですね.試しに IO データの Windows Media Center 用のリモコン GV-MC7/RCKIT を USB 端子に接続してみて,XBMC の設定を色々変更してみましたが無反応でした.

XBMC の動作はわりとサクサクと動いて快適.手元の BD/DVD iso も HD ts/m4v も普通に映像再生できました.オーディオの方も 5.1ch 再生できるとホームページには書いてますが,うちには 5.1ch の環境が今はないので試せて居ませんが 2ch では再生できています.

リモコン受光部がある TS-469 Pro とかにすれば良かったかなぁとは思いますが,あちらは CPU が Atom だしメモリもそれほど多くは積めないのでちょっとサーバー置き換えるまでは出来るかどうか不安.なので,まぁ現状とりあえずは満足かな.ただ,やっぱり PS3 を置き換えるほど使い勝手は良くはないです.

_ linux on TS-470

HDMI がついているので接続して boot すると linux の boot しているコンソール画面がちょこっと表示されますね.ためしに ssh でログインして dmesg とるとこんな感じです.NIC は2本しかつないでないので2系統しか表示されてないです.接続しているものがバレバレですが....

lter on device eth3
[  171.124946] e1000e: eth0 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: Rx/Tx
[  171.309466] e1000e: eth1 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: Rx/Tx
[  207.772657] active port 0 :139
[  207.772659] active port 1 :445
[  207.772661] active port 2 :20
[  207.799615] warning: `proftpd' uses 32-bit capabilities (legacy support in use)
[  245.932491] rule type=2, num=0
[  246.628315] Loading iSCSI transport class v2.0-871.
[  246.648688] iscsi: registered transport (tcp)
[  246.659090] iscsid (11496): /proc/11496/oom_adj is deprecated, please use /proc/11496/oom_score_adj instead.
[  247.748328] ufsd: use builtin utf8 instead of kernel utf8
[  248.066909] ufsd: sdr2 without journal
[  258.523499] [fintek_proc_write] cir enable
[  258.523523] [fintek_enable_cir]
[  258.523552] fintek_cir: fintek-cir: Dump CIR logical device registers:
[  258.523560] fintek_cir:  * CR CIR BASE ADDR: 0x0
[  258.523564] fintek_cir:  * CR CIR IRQ NUM:   0x0
[  258.523567] fintek_cir: fintek-cir: Dump CIR registers:
[  258.523570] fintek_cir:  * STATUS:     0x0
[  258.523573] fintek_cir:  * CONTROL:    0xcf
[  258.523576] fintek_cir:  * RX_DATA:    0x6c
[  258.523579] fintek_cir:  * TX_CONTROL: 0x6a
[  258.523581] fintek_cir:  * TX_DATA:    0x9c
[  259.172000] active port 0 :139
[  259.172002] active port 1 :445
[  259.172003] active port 2 :20
[  261.099412] udevd[14071]: starting version 175
[  264.415522] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:772 HDMI hot plug event: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=0 ELD_Valid=1
[  264.415567] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=0 ELD_Valid=0
[  264.591988] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:772 HDMI hot plug event: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  264.592025] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  264.592110] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:368 HDMI: 0 ELD data
[  264.892369] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  264.895872] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:447 HDMI: detected monitor TX-NR616 at connection type HDMI
[  264.895875] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:452 HDMI: available speakers: FL/FR LFE FC RL/RR RLC/RRC
[  264.895879] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type LPCM: channels = 2, rates = 32000 44100 48000 88200 96000 176400 192000, bits = 16 20 24
[  264.895883] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type LPCM: channels = 8, rates = 32000 44100 48000 88200 96000 176400 192000, bits = 16 20 24
[  264.895886] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type AC-3: channels = 8, rates = 32000 44100 48000, max bitrate = 640000
[  264.895888] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DTS: channels = 8, rates = 44100 48000, max bitrate = 1536000
[  264.895891] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type AAC-LC: channels = 8, rates = 32000 44100 48000, max bitrate = 1536000
[  264.895893] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DSD (One Bit Audio): channels = 6, rates = 44100
[  264.895896] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type E-AC-3/DD+ (Dolby Digital Plus): channels = 8, rates = 44100 48000
[  264.895898] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DTS-HD: channels = 8, rates = 44100 48000 88200 96000 176400 192000
[  264.895901] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type MLP (Dolby TrueHD): channels = 8, rates = 48000 96000 192000
[  265.487529] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:772 HDMI hot plug event: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=0 ELD_Valid=1
[  265.487581] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=0 ELD_Valid=0
[  265.780663] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:772 HDMI hot plug event: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  265.780715] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  265.780801] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:368 HDMI: 0 ELD data
[  266.081124] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  266.084838] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:447 HDMI: detected monitor TX-NR616 at connection type HDMI
[  266.084841] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:452 HDMI: available speakers: FL/FR LFE FC RL/RR RLC/RRC
[  266.084845] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type LPCM: channels = 2, rates = 32000 44100 48000 88200 96000 176400 192000, bits = 16 20 24
[  266.084848] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type LPCM: channels = 8, rates = 32000 44100 48000 88200 96000 176400 192000, bits = 16 20 24
[  266.084851] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type AC-3: channels = 8, rates = 32000 44100 48000, max bitrate = 640000
[  266.084854] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DTS: channels = 8, rates = 44100 48000, max bitrate = 1536000
[  266.084856] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type AAC-LC: channels = 8, rates = 32000 44100 48000, max bitrate = 1536000
[  266.084859] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DSD (One Bit Audio): channels = 6, rates = 44100
[  266.084861] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type E-AC-3/DD+ (Dolby Digital Plus): channels = 8, rates = 44100 48000
[  266.084864] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DTS-HD: channels = 8, rates = 44100 48000 88200 96000 176400 192000
[  266.084867] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type MLP (Dolby TrueHD): channels = 8, rates = 48000 96000 192000
[  266.222765] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:772 HDMI hot plug event: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=0 ELD_Valid=1
[  266.222824] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=0 ELD_Valid=0
[  266.364381] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:772 HDMI hot plug event: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  266.364430] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  266.364512] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:368 HDMI: 0 ELD data
[  266.664043] ALSA sound/pci/hda/patch_hdmi.c:990 HDMI status: Codec=3 Pin=6 Presence_Detect=1 ELD_Valid=1
[  266.667542] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:447 HDMI: detected monitor TX-NR616 at connection type HDMI
[  266.667546] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:452 HDMI: available speakers: FL/FR LFE FC RL/RR RLC/RRC
[  266.667549] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type LPCM: channels = 2, rates = 32000 44100 48000 88200 96000 176400 192000, bits = 16 20 24
[  266.667553] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type LPCM: channels = 8, rates = 32000 44100 48000 88200 96000 176400 192000, bits = 16 20 24
[  266.667556] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type AC-3: channels = 8, rates = 32000 44100 48000, max bitrate = 640000
[  266.667558] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DTS: channels = 8, rates = 44100 48000, max bitrate = 1536000
[  266.667561] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type AAC-LC: channels = 8, rates = 32000 44100 48000, max bitrate = 1536000
[  266.667563] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DSD (One Bit Audio): channels = 6, rates = 44100
[  266.667566] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type E-AC-3/DD+ (Dolby Digital Plus): channels = 8, rates = 44100 48000
[  266.667569] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type DTS-HD: channels = 8, rates = 44100 48000 88200 96000 176400 192000
[  266.667571] ALSA sound/pci/hda/hda_eld.c:426 HDMI: supports coding type MLP (Dolby TrueHD): channels = 8, rates = 48000 96000 192000
[  268.717697] input: uinput-remotepad-rel_x_y as /devices/virtual/input/input11
[  271.307419] input: uinput-QTV as /devices/virtual/input/input12

CPU は Celeron G550 です.

[~] # cat /proc/cpuinfo
processor   : 0
vendor_id   : GenuineIntel
cpu family  : 6
model       : 42
model name  : Intel(R) Celeron(R) CPU G550 @ 2.60GHz
stepping    : 7
microcode   : 0x28
cpu MHz     : 2600.000
cache size  : 2048 KB
physical id : 0
siblings    : 2
core id     : 0
cpu cores   : 2
apicid      : 0
initial apicid  : 0
fpu     : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level : 13
wp      : yes
flags       : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good nopl xtopology nonstop_tsc aperfmperf pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm pcid sse4_1 sse4_2 popcnt tsc_deadline_timer xsave lahf_lm arat epb xsaveopt pln pts dtherm tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid
bogomips    : 5187.92
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 36 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor : 1 vendor_id : GenuineIntel cpu family : 6 model : 42 model name : Intel(R) Celeron(R) CPU G550 @ 2.60GHz stepping : 7 microcode : 0x28 cpu MHz : 2600.000 cache size : 2048 KB physical id : 0 siblings : 2 core id : 1 cpu cores : 2 apicid : 2 initial apicid : 2 fpu : yes fpu_exception : yes cpuid level : 13 wp : yes flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good nopl xtopology nonstop_tsc aperfmperf pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm pcid sse4_1 sse4_2 popcnt tsc_deadline_timer xsave lahf_lm arat epb xsaveopt pln pts dtherm tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid bogomips : 5187.92 clflush size : 64 cache_alignment : 64 address sizes : 36 bits physical, 48 bits virtual power management:

2013-10-05 [長年日記]

_ CFD にメモリ不良連絡

以前,この辺り に記載したメモリ不良の件で,CFD に連絡してみました.

購入したのは amazon で 2012年6月ごろです.ホームページを見ると基本的には購入店対応ですが,通販の場合にはメール連絡するようにとの記載があったので CFD に直接メールで連絡しました.返信が来ましたが,Excel ファイルに必要事項を記載して同梱して送れば,新しいものが返送されるようですね.

ここでも Excel ファイル.どうせ Mac で印刷するとずれるんだろうな.気にしないけど.


2013-10-06 [長年日記]

_ PlayStation4 予約開始

予約が始まっているようですね.ネットだと速攻終了したみたいですが,店舗ではまだ受付しているところもあるようですね.何でもそうですけど,ネットが普通に使われるようになるとネットでの販売とか予約ってすぐに終わってしまいますね.やっぱり全国の人が集中するからでしょうか.

で,PS4 ですが,なんだかんだと言ってても騒ぎに便乗してみたかったので予約してみようかなぁと思い,スペックを見てました.

PS4 って PS1/2/3 とは互換性がないんですね.クラウド上で動作可能にするって話ですけど,今持ってるソフトを買い直すのは論外ですね.PS3/Vita でダウロード購入したソフトも使えないってあるから,PS3 で動かすために購入した PS1 ソフトも,PS4 のクラウドで動かすためにはさらに買い直せってことになるのかな.それはちょっとどうなんだろう.

あと,再生できるディスクは DVD と BD だけ.音楽 CD は再生もできない.このご時世だと,mp3 とかが再生できれば問題ないだろうってことかなとも思うし,CD 再生をつけるとライセンス料が必要になるからかなぁとも思うんですけど,これまで出来たことができなくなるとスペックアップじゃないんじゃないのって思ってしまいますね.PS3 では普通に音楽 CD かかって,リッピングもできたから一時は音楽サーバーとして使ってたこともあったなぁ.

PS4 は PS3 とは違って純粋なゲーム機として売りたいってことなのかもしれないけど,この感じだと私自身の使い方だと PS3 が貴重になるかも知れないなぁ.本当は初代の PS3 を今の技術で出し直してくれると一番嬉しいんだけどな.PS2 互換もあったし,SACD も再生できたし.一応,PS2 互換があるから初代 PS3 は手元に置いてあるんだけど,夏は物凄い勢いでファンが回って熱を発するのでちょっと普通に使うには耐えられないんですよね.

ということで,私自身は PS4 の予約は見送ることにしたのでした.

_ web プログラミング

思うところあって,最近,時間をかけてやってます.

一応,簡単な仕様書作ってから作ってはいるんですけど,作ってるうちに仕様がちょっと違うかなぁと思ってその場で修正していくことが多いんですよね.ただ,それを頻繁にやってしまうもんだから,これまで作ってきたところとも辻褄が合わなくなって,せっかく作り終わってデバッグも終わったつもりになっていたところも修正する必要ができてって感じで,進んでは戻っての繰り返しになってる感じです.

とりあえずそんな感じでやってましたが,ちょっと時間がかかりすぎる割には進むペースが遅くなってしまうので,ちょっとこの先のやり方を変えようかと考え中.

今現在の仕様で全体を作りきってしまってから,気になったところをあとで細かく修正する形に方向転換しようと思ってます.一応,予定とかマイルストーンを立ててから始めてみてはいたんですけど,崩壊してしまっているのでちょっとまずい感じ.

_ ここの日記

わりと最近頻繁に更新しているのは,web プログラムやってる途中の息抜きとして書いてるからです.

でも,そのときに思いついたことを書くので内容の一貫性がなくなってしまってますけどね.Plamo とも関係なくなってるし.

_ Plamo 関係は

GitHub に Plamo-src が移されてから,そちらと連動して開発が進んでいっているようですね.

メールも十分に読めていないので,あんまりついていけてないですけど,とりあえず Plamo-src を watch に追加しているだけの状態になってしまってます.


2013-10-07 [長年日記]

_ Windows7 / Office2010

必要に迫られる場合もちょこちょこあるので,Mac の VMware Fusion 上に Windows7 と Office 2010 をインストールしました.手持ちで使っていなかったライセンスを使ってインストールしました.

久しぶりに Windows と Office のインストールをしましたが,かなり時間かかりますね.DVD を iso にして保存しているので,その iso ファイルを使うとインストール自体は一瞬で終わるのですが,インストール後のアップデートがかなーり時間かかって嫌になります.Windows update をすると何度も何度も再起動.裏で放置しつつ作業してましたが,結局半日くらいかかってしまいました.もう少し何とかならないのかなぁと思います.

Service Pack を当てた iso イメージを作れば良いんだけど,そんなに頻繁にインストールするわけでもないので何かそれも面倒.

Windows も Office ともに,このシリアルを使って何度もインストールを繰り返してきていたので,「インストールできる回数を超えました」というメッセージが出てアクティベートも出来ませんでした.仕方ないので Miscrosoft に電話してアクティベーションを行いました.

電話のアクティベーションでもオペレーターに何か特別聞かれるわけでもなく,機械的に ID を教えてもらって入力するだけで終わるのですが,毎度の事ながらなんで電話対応をさせるのかよく分からないですね.特にネット上でのアクティベーションと変わらないと思うんだけど何か必然性があるのかなぁ.


2013-10-08 [長年日記]

_ Debian 上にも Windows XP / Office 2003

Mac だけではなく,Debian 上の仮想環境にも Windows と Office をインストールしました.

こっちは Linux だし,フリーの仮想環境を使っても良かったんですけど,面倒なのは避けたかったので VMware Player を選択.VMware Workstation 5.x のライセンスを持ってるので,最初はそれを使おうかと思ったんですけど,最近のバージョンの Debian にインストールしようとすると色々とうまく行かない.10分くらい悪戦苦闘したけど,面倒なのは避けたかったのであっさりあきらめました.Workstation 5.x から最新版へのアップデートはできなくて,新規購入と同じ扱いになり,結構な値段だったので Workstation の最新版導入もあきらめました.で,最終的に VMware Player ということに.

Windows XP / Office 2003 のインストールですが,インストールは早いけどパッチ当てがやっぱり時間がかかる.こちらもやっぱり半日仕事.

とりあえず手持ちのライセンスの余ってるやつで,ライセンス的に問題なさそうなものということで,XP と Office 2003 を選びましたが,来年には両方ともサポート切れるので,切れるまでにはまた新しい環境を用意しないといけないですね.諸事情により,本格的に Windows / Office 環境が必要になりそうだから,新しい Office をそのうち購入するか悩み中.最近の Office ライセンスだと1本のライセンスで2台のインストールができるから Mac / Linux 環境それぞれの仮想環境にインストールするのにライセンス1本で良さそうですね.でも新しい Office は Windows7 以降が必要なのか.色々と面倒だなぁ.

たしか Windows7 はライセンスがもう一本あまってるやつはあるけど,プリインストールされてきたやつだから仮想環境に使うにはどうなるんだろう.プリインストールされてきた PC に仮想環境構築して,その上にインストールする分には問題ないのかな?

_ Windows の仮想環境に Debian 入れれば良い?

プリインストールされた Windows ライセンスがあるけど,Debian と Windows を共用させたいときには,Windows をベースにして,その上の仮想環境に Debian 入れればライセンス的には問題なさそうですね.

でも Windows をベース OS にするのは,2回ほど OS 飛ばしてデータなくしたことがあるのでかなり抵抗あるなぁ.私が経験したのは,ハード故障じゃなくて,全部,突然 OS の調子が悪くなってデータが読めなくなったという感じでした.OS 入れ直して,ハードチェックしたら問題なしと言う感じ.

ちなみに Mac OS でデータ飛ばしたのは一度,Linux ではデータ飛ばしたことはないかな.Mac OS でデータ飛ばしたのはハードディスク故障で,このあたり に状況が書いてあります.

ネット調べてみたら,プリインストールされた OS のライセンスを仮想環境にいれることに関して,Microsoft に問い合わせした人もいるみたい.その人の場合は,プリインストール PC と同じマシン上で動作している仮想環境に,付属の Windows をインストールする分には問題ないと,MS のサポートが回答していたとのことです.ただし,外付けの USB HDD にインストールしたり,ネットワーク越しに vm イメージを置いて使うのは NG で,あくまでも本体のハードディスクにインストールする必要があるとのことです.

_ そうかー

Office 2013 のライセンス購入すれば,Windows7 のライセンス2本と Office 2013 のライセンスが1本になるので vm 環境を2個つくれるのか.

Mac 版の VMware Fusion があるから,そちらで Windows と Office を入れた環境をつくって,その vm を Linux にもコピーして Windows のライセンスコードだけ書き換えて VMware Player で使えば OS などのインストールの二度手間は省けるの...かな?

でも Windows7 のライセンス2本が微妙に違ってて,1本は購入した upgrade 版の Pro,1本はプリインストールの Home Pro だからやっぱり無理かなぁ.ライセンスコードを変更すれば対応する OS に変わってくれたりしないかな.

_ PlayStation4 の予約

近所の家電量販店に行ってみたら,まだ予約受付してましたね.

思わず予約しそうになりましたが,値段見て思いとどまりました....


2013-10-09 [長年日記]

_ オープンソースカンファレンス 2013 Tokyo/Fall

時間が取れそうなので行ってみようかな.Plamo 関係者はどなたか参加されるのかな?

開催日は 10/19, 20,場所は明星大学日野キャンパスです.詳細は このへん にあります.

プログラムを見てたら LPIC の話もあるみたいだけど,Linux 関係の資格って取っておいた方が良いのかなぁ.LPIC のサンプル問題を見てみたら,あんまりきちんと覚えてないことが多いことに気が付きました.その場その場でドキュメント読んだりして適当に対応しながらやってるから,曖昧なところが多い....


2013-10-12 [長年日記]

_ CFD にメモリ不良連絡(2)

前回,ここ に書いたように,CFD の故障したメモリは送り返せば良いと連絡をもらったので手続きしてみました.

10/6 にゆうパックで故障したメモリ,購入時の伝票,記入するように指示された Excel の修理依頼書を送付したところ,本日,新しいメモリが送り返されてきました.納品書を見ると無償での新品交換になっていました.自分の方から CFD に発送する際の送料は自分で負担する必要がありますので,全く費用がかからなかったわけではありませんが,わりと短期間で対応してもらえたので満足です.

手元のノートパソコンにつけてみたところ,問題なく動作しました.当たり前か.

メールでの対応も早かったし,メモリが送られてくるまでの期間も発送から1週間程度でしたし,わりと満足感の高いサポートでした.送ってきたときの箱が玄人志向の箱だったので,一瞬.あれ?って思いましたが良く考えたら同じ会社ですね.


2013-10-13 [長年日記]

_ SSD 載せ変え

Linux 上の仮想マシンに Windows 入れると Dynabook RX2 の Core2Duo マシンでは厳しい感じがしたので,購入しては見たもののあんまり使っていなかった ThinkPad X220 に RX2 で使っていた SSD を載せ変えました.

Windows だと SSD のせかる時には面倒な処理がいっぱい必要だけど,Linux だとそのまま載せかえしてブートしたところ,グラフィック関係のモジュールが変わったので X の画面が表示されない.セーフモードで立ち上げてちょこっと修正して再起動.これだけで問題なさそう.ただ,ThinkPad の場合,thinkpad_acpi などの専用のモジュールがいくつかあるので,それらをインストールして再起動.これでハイパネーションや画面の輝度調整などもファンクションキーでできるようになり完璧.

所要時間は20分程度でマシンの移行は終了しました.簡単,簡単.

CPU もパワーアップ,メモリも豊富になるし,キーボードもこっちの方が使いやすいし,トラックポイントもあるから便利なんだけど,唯一の難点がこれまでより画面が小さくなることなんですよね.それが原因で X220 ってあんまり使ってなかったんですけどね.

_ けど,Linux の SSD 不足ー

CFD のメモリが戻ってきたので,Linux で使おうかなぁと ThinkPad X220 につけてみました.lenovo のスペックシートでは最大 8G までになっていますが,問題なく 16GB を認識.体感のスピードも上がって快適快適と思ったら,思わぬところに落とし穴が.

かなり昔に購入した intel の 40G SSD を使っていましたが,メモリ 4G で使っていたときは何の問題もなかったんですが,メモリが増えたせいで,ハイバネーションしようとすると全然 SSD の空き容量が足りない.扱うデータはほとんどがテキストデータだし,仮想環境も Windows XP だったので 40G でも全然やりくりできていたけど,ハイバネーションで 16G の空き容量を確保しようとするとさすがに不足.

使っていない 60G の SSD はあるけど 9.5mm 厚.対して ThinkPad X220 は 7mm 厚しか入らない.仕方がないから新しい SSD を購入するかなぁとは思いますが,良い機会なのでこれを機にまた少しパソコンを整理しようかなぁと思います.QNAP の NAS もサーバーとして使えそうだし.


2013-10-15 [長年日記]

_ Office 2010 Home and Bussiness for Windows

新しく Office 2010 のアップグレード版を購入してきました.

どうして 2013 じゃなくて 2010 なのって話はありますが,Windows XP/Vista で使えたほうが良いかなというのと,購入者の感想を見てると 2013 の評価があまりよくない.どうも,タッチインターフェイス方向に GUI を振ったみたいで使い勝手が悪く 2010 に戻したって人が割と多い感じでした.あとは 2010 でもサポート期限は 2020 年までで,あと7年使えれば問題ないかという所,また,2013 は2台インストールが出来る形のライセンスですが,2010 でもメイン PC とサブ PC の2台にインストール可能ということでとりあえず同等かなというところで,トータル的に 2010 で問題なさそうかなというところで.

メーカー出荷終了で在庫処分なのか値段は2万円くらいで,クーポンが 1万円分くらいあったので,結局1万円くらいの出費で抑えることが出来ました.まぁ,いま使っているのが Personal で,新しいのは Home and Bussiness で PowerPoint と OneNote も増えたし,そのくらいなら良しとするかな.でも,Mac 版の 2011 も持ってるのに,印刷がずれたりするためだけに購入って何だかなぁという気分はあります.

世の中では,一時期は MS Office から OpenOffice や LibreOffice に移行していた自治体などもありましたが,やっぱり周りから MS Office のファイルが送られてきて,完全に見た目が同じではなく崩れてしまうってことで,元の MS Office 環境に戻っているようですね.

私自身は内容が分かれば見た目は多少崩れても良いんじゃないの,見た目をきれいにするために時間を費やすくらいなら別の建設的なことをやった方が良いんじゃないのって思う方なので,あまり気にしないのですが,周りには気にする人が多いんで仕方ないですかね.あ,見た目がどうでも良いと思うのは読めれば良くて内容が大事と思う資料だけで,当然,見た目が判断に大きく影響するような資料には少しはこだわりますよ,一応.

こんなことになるなら,無料パージョンアップで 2013 が付いてたときに 2010 を購入しておけば良かったかな.

_ Parallels for Mac

ついでに,久しぶりに Paralles 最新版をいじってみました.

やっぱり Plamo で X は立ち上がらない.そのうち,自然と治るかなと思ってたけど,原因を追っ掛けないとダメですね.


2013-10-17 [長年日記]

_ iPad4 壊れた...

俗に言う第4世代の Retina iPad ですが,ぶつけたみたいで壊れました.

といっても使えなくはないのですが,筐体のボリュームのところがへこんでしまって常にボリュームボタンが押されている状態になっているようで,画面に半透過の音量調整のアイコンがずーっと出っぱなし.真ん中にアイコン表示されるのでかなり目立つ.ソフト的に消せるかと思って少しいじってみたけどダメ.

仕方ないので,出かけるついでにアップルストア銀座に持って行ってみました.

ジーニアスバーの方は,一目見て「破損なので新品交換になります」.液晶が割れたのとかと同じ扱いみたいですね.というわけで,修理費用 25000 円程度.「これくらいなら,使えなくはないのでしばらく様子見ては如何ですか」って.来週,アップルのイベントとかもあるから,そういう風な言い方になったのかな?

仕方ないので来週のアップルイベントの様子を見て今後は考えようかと思います.かなり便利に使っていたので,ちょっと困ってるんだけどなあ.次回からは保険として AppleCare+ に入っておいた方が良いかなぁ.そうすれば修理費用は安く付くし.


2013-10-18 [長年日記]

_ Debian で SSD 交換

ハイバネーションが使えないと不便で仕方がないので,256GB の 2.5inch SSD を購入しました.

メモリが故障したときのサポートの対応も悪くなかったし,東芝のコントローラの評判がいいみたいだったので CFD の SSD にしてみました.

交換作業ですが,dd でべたコピーでも良かったのですが,これまでアップデートを繰り返してきたし,久しぶりにゼロからインストールしてみようかなぁと思い,Debian GNU/Linux 7.1 のインストーラー CD つくって久しぶりにインストール作業.

ネットワークインストールを使ったので少し時間がかかったけど,ベース部分は何事もなくインストール終了.といっても,元々の環境で dpkg コマンドを使ってインストールされているパッケージリストを抽出して,新しくインストールした先で,そのパッケージリストを使って一気にパッケージインストールするだけだなので 1時間程度です.そのあと細かい調整をやっていましたが,どこの設定をいじっていたのか忘れてしまってますね.設定は終わったつもりで,作業をしようとすると「あれ?」ってなって設定を直すって感じになります.ネットワーク回りとか,java VM の設定だったり.一通り変更している設定個所をメモっておかないとダメですね.

といいつつ,今回もメモはしてないので次回以降に行うということで....

_ ううむ

SSD 交換したからハイバネーションできだろうと思ったらメモリ増えた分,ハイバネーションから復帰するのにかなり時間がかかるー.

こればっかりは仕方ないですけどね.

_ よくよく考えたら

ThinkPad X220 って 12インチ筐体だけど,2.5inch HDD スロットのほかに,mSATA スロットも持ってるから mSATA の SSD にすれば良かったかなぁ.

そうすればこれまでの SSD は HDD スロットの中にいれたまま,そのまま使えたんですね.


2013-10-19 [長年日記]

_ iPad4 壊れたって書いたけど,その後...

iOS6 で使っていましたが,どうせ Apple ストア持っていってもダメって言われたから iOS7 にアップデートしてみるかと思い,OS アップデートしてみました.

そしたら表示されていた半透過のボリュームコントロール画面が消えました!

iOS の設定画面からソフトウエアコントロールでオーディオのボリュームをコントロールしてみたところ,問題なく音量の調整もできました.ちょっと感動.

ハード的にボリュームは変えられないけど,それ以外のところでは問題もなくなったので,このまま使い続けられます.よかったー.


2013-10-20 [長年日記]

_ CrossOver for Linux

Linux 上の VMware Player に Windows と Office を入れてみたけど,Windows が使いたいわけではなくて Office が使いたいだけだったので CrossOver も試してみようかなと思って,Linux の CrossOver 上に Office 2010 をインストールしてみました.

CrossOver 評価版の deb パッケージをとってきて dpkg コマンドでインストール.その後,apt-get -f install で依存しているパッケージをインストールした後に,CrossOver を立ちあげて Office 2010 をインストール.その後,Office 2010 SP2 の exe を使ってアップデートという手順でした.

Office 2010 自体を CrossOver がサポートしているので,特に問題なくイントールは終了.実行もざっと試してみた感じ問題なさそうですね.日本語の入力も可能でした.ただ,手元の xls ファイルをプリントアウトしてみましたが,やっぱり Windows 上からプリントアウトするのとは若干ずれています.プリンタ回りは Linux のドライバ経由することになるのでずれるのは仕方ないのでしょうかね.

ということは,Mac の Office でプリントアウト時にずれてしまうのも同じ原因なのかな?たしか,Mac のプリンタドライバ周りも CUPS 使っていたと思うんだけど.ということは CUPS ドライバと Windows ドライバが全く挙動同じプリンタだと OS に因らず,問題なくずれることなく印刷できるってことになるのかなぁ.ちなみに今使っているプリンターは HP Offcejet Pro 8500A Plus です.

あと,ちょっと気になったのは一部の 32bit ライブラリが存在しないメッセージが表示されています.その存在しないパッケージを手動でインストールしようとすると 64bit Debian を使っているせいか,依存関係が解決できないみたいでうまくインストールできません.とりあえず,CrossOver 自体の動作には問題なさそうなのでそのままにしてますが,ちょっと気持が悪いですね.

でも,結局プリントアウトずれてしまうのなら,わざわざ CrossOver 上に Office をインストールしなくても,LibreOffice で良いんじゃないのって感じです.

_ CrossOver for Mac

Mac 上の CrossOver に Office を入れてみましたが,こちらも Linux の場合と同様,印刷がずれます.ということで使えない.

_ ついでに VirtualBox

10/15 に 4.3 がリリースされたばかり.

こっちは VMware や CrossOver と違って無料.Oracle 管轄になってどうなるかと思いましたが,何とか残ってますね.ライセンスは GPL のようだから Oracle がやーめたってなっても何とかなるのかな?

無料だし,折をみて動作確認して良さそうなら VirtualBox に移行するかな.VMware の仮想マシンのファイルがそのまま使えるみたいだし,Linux 上で仮想マシン使うこと自体,私自身はそんなに使用頻度も高くないからなぁ.


2013-10-23 [長年日記]

_ Mac OS Mavericks

以前までの Mac OS アップデートは有料でしたが,今回は無料になったようですね.

でも,OS Server は 2000円 の有料.Server が入っていたマシンを試しに Mavericks にアップデートしたら Server 機能が,「この OS バージョンでは対応していません」と表示されて使えなくなってしまいました.てっきり Serer も無料化と思っていたのでちょっと悲しい.まぁ,確認しなかった私も悪いので,仕方ないし購入かな.

OS や iWork 等が無料になると,ビジネスモデルが違いますが Microsoft も影響を受けるんでしょうか.MS Windows や Windows 用の Office が安くなると良いけどな.

_ iPad Air

物理的な破損で,iPad4 のボリュームボタンが効かなくなってしまってましたが,「この状態なら,そのまましばらく使われた方が...」とのアップルストア銀座のサポートの意味するところ(?)のとおり,新しい iPad が発表になりました.

iPad Air になって,軽くなって,パワフルにもなったので,一瞬,買い換えようかと思いましたが,よくよく考えると為替の影響で結構な値段に上がってますね.iPad4 では 16GB を使ってましたが,書籍を入れるとすぐにメモリが一杯になってたので,64GB くらいにして,壊れたときのことを考えて AppleCare+ に入ってて思うと,ちょっとためらう値段.

やっぱり,この壊れた iPad4 をしばらく使い続けるかなという感じかな.でも,店頭で実機を触ると衝動買いしそうな気もするな.

_ タブレット

一時期,7インチタブレットを使っていた時期もありましたが,7インチだとどうしても大きさが中途半端な感じがしたので,結局 iPad を使っています.

主に,気軽に電子書籍やニュースの確認,YouTube などの動画を見るのにタブレットを使ってますが,7インチってやっぱりちょっと小さすぎなんですよね.持ち運びするには丁度良いサイズかもしれないですが,落ち着いて使うにはちょっと辛い.主に書籍が一番辛かったです.テキスト文章なら良いんですけど,雑誌とかは拡大したりスクロールしたりしないと読める大きさではないので忙しない感じ.漫画も見開きで見たいけど,7インチだとそうもいかないので1ページずつになると,なんだか違う気がしてしまうのと読むのに時間がかかる.

ってことで,数台所有していた7インチタブレットは全部処分して,スマフォと iPad という組み合わせで落ち着いてます.他にも Kindle whitepaper もありますが,きちんとしたテキストの書籍を落ち着いて読むときには液晶だとどうしても目が疲れるので Kindle 使っています.

ちなみに試してみたけど耐えられなかった7インチタブレットは,中国産の安いタブレットや Google Nexus7, iPad mini などでした.


2013-10-28 [長年日記]

_ いろいろといじっては見たものの,

Windows 上でつくられた Office ファイルで印刷をまともにしようと思ったら,やっぱり Windows + Office って組み合わせの選択肢しかなさそうですね.ファイル内容いじるだけならいろいろと選択肢はありますが....

あとはその Windows を実際のハードで動かすか,仮想環境で動かすかを選ぶくらいしかできないですね.


2013-10-29 [長年日記]

_ OS X Mavericks

OS X Server がインストールされていた Mac mini にインストールしてざっと触った感じでは大きな問題はなさそうな感じだったので,MacBook Air の方にもインストールしてみました.

でも,これがちょっと失敗したかなぁという感じです.細かく使い込んでいくと,かなりプロセス管理周りが不安定です.Finder がデッドロックしたり,ATOK がプロセス異常終了したりという感じで,突然プロセスが止まるのでちょっとイライラしてしまいます.

アプリケーション周りでは,普段使っている物はとりあえず全て動作しているようです.メモリ管理周りにかなり手が入っているようでしたのでちょっと不安でしたが,とりあえずの過去互換は保たれているようです.

ついでに iWork のアップデートも行ったのですが,Numbers の画面構成とか使い勝手が変わっているのでちょっと戸惑ってます.

まぁ,でも普段使いに使えないレベルではないので,アップルのバグフィックスを待ちながらこのまま使っていこうかと思っています.

_ Emacs-24.3 on OS X Mavericks

とは言っても,使用頻度の高い emacs で異常終了する頻度だけはちょっと下げたかったので,emacs-24.3 のソースと emacs-24.3-inline-patch を取ってきて手元でコンパイルやり直しました.OS 付属のツールで簡単に GNU ツールをコンパイルやり直せるのは良いですね.これでプロセス異常になる頻度が下がると良いんですけど.

一応,手順を書いておくと このあたり にある inline patch を取ってきて emacs-24.3 のソースツリーに当てて,./configure --with-ns --without-x して,make, make install だけです.make install 後に nextstep ディレクトリ以下の Emacs.app を /Application 以下にコピーすれば良いかと思います.


2013-10-30 [長年日記]

_ SAMSUNG Galaxy S4 mini (GT-I9195)

軽量な Android 機が欲しいなということで購入してみました.

条件は軽量,そこそこのスピード,バッテリーの持ちはどうでも良い,SIM フリー,解像度も FHD にはこだわらない,OS は特に最新でなくてもしばらく使えれば良い,あと安価.

ということ SAMSUNG Galaxy S4 mini を選択.実際の購入価格は38000円くらいでした.Nexus 7 LTE を処分したかわりに購入した感じかな.噂が近い Nexus 5 を待ってみようかとも思ったけど,重量がやっぱり重いみたいなので,まぁ良いかと.

ちなみに,スペックはこんな感じ.

  • System: Android 4.2.2 (Jelly Bean)
  • Processor: 1.7 GHz Dual-Core Processor
  • Memory: Internal: 8 GB / RAM: 1.5 GB / Slot type: microSD / Max. slot capacity: 64 GB
  • Display: 4.3" / qHD (16:9 wide view) Super AMOLED
  • Camera: 8 MP / Flash: LED / Front: 1.9 MP
  • SIM card: micro-SIMpp
  • Network: GSM: 850/900/1800/1900 MHz / 3G: 850/900/1900/2100 MHz / LTE Band: 1/3/5/7/8/20
  • Wireless: Bluetooth: 4.0 / WiFi 5.0GHz a/b/g/n / NFC (LTE version only)
  • Connection: Jack 3.5 mm / micro USB
  • GPS: GPS + GLONASS
  • Sensors: Accelerometer, Light, Proximity, Gyro, Magnetic
  • Battery: 1900 mAh
  • Weight: 107 g
  • Dimensions: 124.6 x 61.3 x 8.94 mm

ちょっと型番がちがうので電波周りのスペックが違いますが,詳細が知りたければ このあたり を参考にしてください.

重量が 107g ということでやっぱり軽い.画面の大きさもこのくらいが片手で気軽に操作できる限界かなということで,自分的には丁度.実際に使ってみた感じ,スピードも問題ないし,画面の解像度も全然オッケー.画面が EL なのでちょっと好き嫌いはありそう.ただし,軽く作る為にバッテリー容量が犠牲になっているのか,バッテリーの持ちがあんまりよくないです.使用頻度にもよるかと思いますが,一日,持ち出して使う分には全然足りない雰囲気です.

メモリが 8GB と割と少ないので,microSD のメモリカードは必須かと思います.逆に microSD 差せば良いから,メモリは減らしちゃえというコンセプトなのかもしれないですね.その分,安価にも出来ますし.

標準状態で OS 表示言語として日本語は選択できません.SDK 上から変更すれば,日本語表示も出来るようになるみたいですが,作業するのが面倒なのと,特に英語で表示されてても困りはしないので,そのまま OS 周りは英語表示のまま使っています.日本語アプリをインストールすると,中華フォントが使われているようですが日本語は表示されます.

割と中途半端なスペックのせいか,日本国内ではあんまり販売されていないようですが,割と満足な一品でした.iijmio の sim カードで使ってみたところ,普通に 4G で使えました.

用途は Android 用しかないアプリをちょっと使うのと,アプリ開発用,あとはたまに持ち出す位の感じでしょうか.

ちょっと最近入手したスマフォ紹介でした.


2013-10-31 [長年日記]

_ PlayStation4 仕様詳細

いろいろと新しい情報が出てきているようですね.

CD が再生できないのはホームページに記載されていましたが,DLNA クライアントにも対応しないとのことですね.PS4 の予約開始時に勢いで予約しなくて良かったなぁー.

以前,スピーチか何かで出ていたように PS4 は純粋なゲーム機として売りたいと言ってましたが,その現れでしょうか.でも,据え置きゲーム機をゲームのためだけに購入する層ってどれくらいいるんでしょうかね.PS Vita TV も発表時にはメディアプレーヤーとして使えるかと思って少し期待しましたが,1080i までの対応でがっかり,PS3 をメデイアプレーヤーとして使っている場合には今後は選択肢がない状態になりますね.

Xbox One も Windows Media Center の機能がなくなるような記事もあるので,ゲーム機を AV 機器として使う選択肢はなくなっていくのかもしれないですね.

Apple TV や各社からメディアプレーヤーが発売されてはいますが,試してみた限りではあんまり使い勝手が良くないので,NUC などの小型のメディアプレーヤー専用の PC を導入した方が良いかもしれないですね.



アクセス数:本日,昨日