トップ 最新 追記

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2013-07-01 [長年日記]

_ Plamo-5.1 release

前回、動作確認してたのは beta だったので、リリースされた iso をダウンロード中。

とりあえずは、VMware あたりで試してみるつもり。


2013-07-10 [長年日記]

_ iOS Developer Program

ぼちぼちと iOS のプログラムを書いてみようかなぁと思って時間を見て作業してみていました.とりあえず,Apple の Developer 登録だけはしていましたが,iOS Developer Program の方にも登録してみようかなぁと思って,登録申請してみました.

年会費は8400円.購入して支払いが終了すれば,Activation Code が送られてきます.これを登録すれば良いのですが,その Activation Code を登録しようとしたところエラーになって登録できません.数日して試してみてダメならサポートに連絡しようかなぁと思っていたところ,サポートの方から連絡が来て,アカウントの名前と住所表記を英語にしてくださいとの事でした.

とりあえず,アカウント情報を変更をしてサポートに連絡した状態ですが,いつになれば使えるようになるのかなぁ.

でも,名前や住所表記が英語でなければエラーになってしまうってのは昔はたまにあったけど,最近ではちょっとなかったですがアップルにしてはちょっと珍しい状況だなぁと思ってしまいました.

_ そういえば

今,iOS の Developer に登録すると iOS7 beta が使えるようになるんですね.

でも,手持ちの iPhone とか iPad は普通に使っている状態だから,OS を入れ替えてまともに使えなくなるリスクがあるのはちょっと困るなぁ.


2013-07-13 [長年日記]

_ iOS Developer Program

無事,登録完了.

あたらしい Xcode を取ってきて少しだけいじってみました.iOS6.1 用にプログラムを build して,iPhone 4S 6.1.3 で実機動作できるのも確認.こうなると iOS7 動かす用の開発用デバイスが欲しくなりますね.安い iPod touch でも買ってくれば良いのかな?

_ iOS7 beta

案の定,一旦入れると iOS6 には戻せないってドキュメントは記載していますね.ということで,通常使っているデバイスに入れるのは危険そうなのでやめておきます.

iOS simulator で iOS7 の画面を少しだけ見てみましたが,やっぱり全体的に白っぽい色使いですね.黒っぽい色使いに変更することはできるのかなぁ?

iOS6 では「色を反転」ってメニューはあるけど,本当に反転するだけでかなり違和感あるので使っていません.仕方ないので,アプリごとに黒っぽい色に設定して使ってますが,iOS7 でも同じような対応になるのかな?

白っぽい色使いの画面は苦手....


2013-07-15 [長年日記]

_ ATOK 2013 for Mac

これまで ATOK 2009 をだましだまし使い続けてました.

JustSystems のホームページを見てみたところ,ATOK 2009 は Snow Lepard までのサポートですが,Mountain Lion でも使ってみたところ,一応動作していたので使い続けていました.

しかし ATOK 原因でアプリが落ちることがちょくちょくありました.よく落ちていたのは safari かなぁ.アプリが落ちたときのトレースを見てみると ATOK 関係のモジュールの中で落ちているという感じでした.

ということで,最近,ATOK 2013 が出るということでしたのでアップグレード.当然,落ちることもなくなりました.

毎回アップデートするのも費用かかるからどうしてもたまにアップデートとなってしまいますね.ATOK passport にすれば最新版が使い続けられるというメリットはありますが,辞書関係を別途購入したり,使用時にネット環境が必要になるので,どうしても単体の方を購入する形になるんですよね.

_ Emacs24

遅ればせながら,Emacs24 をぼちぼちと使い始めてました.これまでのメインは Emacs22.

互換性のない変更が入っているようで,一部,動作しなくなった elisp などがありましたが,パッケージ管理機能が入ったおかげで割と簡単に修正できる感じですね.

M-x list-packages で一覧表示させて,i で選択,x でインストール.

動作しなかった elisp 関係はこれでインストールしたらとりあえず動作するようになったみたい.

あんまり細かいチェックは出来ていませんが,何か動作がおかしければその都度修正する感じで Emacs24 に乗り換えてみたいと思います.


2013-07-20 [長年日記]

_ ATOK 2013 for Mac update

最近,使っている MacBook の動作が全体的に重いなぁと思っていたけど,原因は ATOK 2013 だったようです.ATOK 2013 のアップデータが出ていたので,パッチを適用したところ問題なくなったみたい.

アプリを使っているうちに何か反応が悪くなったなぁと感じるたびに,そのアプリを再起動したりしながら使ってました.最近の MacOS のアップデーターが何か悪さしているのかなぁと何となく思っていましたが,違ったようですね.

そう言われれば,漢字変換を使ってるアプリだけ反応が悪くなっていたような気がします.

_ iWork for iCloud beta

そういえば,7月はじめくらいに beta が出ているので試してねってメールがアップルから来ていたのを思い出しました.

どんな感じなのか使ってみようかと思って少し見てみましたが,iCloud を使うために Mac の設定を多少変更しないとダメなんですね.普段使いのマシン設定を変更するのはちょっと無理なのであきらめました.残念.

Windows や linux 環境もそうですが,やっぱりちょこっと開発をするためにはそれ専用のマシンとか機器がないとやっぱり厳しいですね.

最近の仮想マシンだと MacOS も動作するので仮想マシン上に開発環境を構築しておけば良いのかなぁ.でも,レスポンスとかが気になるので仮想マシン上でヘビーな開発とかをするのはあんまり好きじゃないんですよね.挙動がおかしいときとか原因をさぐったら,仮想マシンが原因だったとかってのもあるし.


2013-07-21 [長年日記]

_ Plamo Linux ミーティング(?)

久しぶりにこじまさんを囲んで飲み会.メンテナーの方々とも久しぶりの再会でした.

技術評論社の方とも10年ぶりくらいにお会いしました.以前,お会いしたのは Plamo Linux Expert の雑誌が出たときでしょうか.このころは Plamo のバージョンも 4.0 だったんですね.雑誌が手元にありますが,Plamo-4.0 だと gcc 3.3.2, glibc 2.3.2, XFree86 4.4.0, KDE 3.2.2 とかですね.

最近は少し時間に余裕がある感じですので,Plamo の開発にも貢献出来ればと思っています.

_ 参議院選挙

投票率低いですね.

昔はみんなに投票権なくって,一部の金持ちだけしか権利なかったのに,今はみんなある.なのに投票に行かない.

投票権は「金持ちの男性」から,「男性」,そのあと「男女」の権利に変遷.

昔は欲しくても得られなかった権利が,だれしも持っている権利になったのに,どうしていかないんでしょうかね.

唯一,政治を直接変えられる権利だと思うんだけど.

行っても変わらないのではなく,行かなければ変えられない.

_ Plamo-5.1

最初は Mac 上の VMware Fusion に入れてましたが,手元の ThinkPad X220 に直接インストールしてぼちぼちと触っています.

個人的に使っていたツール類を contrib に突っ込んでいましたが,しばらく前に contrib 以下がリセットされてそれらがなくなっているので,それらを再びぼちぼちとコンパイル.

X 周りもなぜか解像度が低くなってしまうので xorg.conf を作らないとダメみたいなど,いろいろと環境はいじらないとダメそうな感じ.


2013-07-22 [長年日記]

_ Plamo-src

ftp に置かれているものが古いのがちょっと気になったので、手元で Plamo-5.1 ベースで作り直してみました。

15分くらいででっち上げたスクリプトで取り出しているので、きちんとできているかは不安ですが、とりあえず雛形くらいにはなるかなぁと思っています。

一応、メンテナへのアナウンスメールは出しました。

_ Apple Developer Site

昨日の夕方くらいからメンテナンス中と表示されててずっとアクセスできなかっのですが、どうやら侵入されたので止めて再構築中しているようですね。

最近はいろんなところの web サービスが狙われますね。。。


2013-07-26 [長年日記]

_ Wnn7 on Plamo-5.x

32bit 環境上でしか試していませんけど,emacs 上でとりあえず動作しました.

wnn7 の rpm パッケージ中の etc の下の daemon 起動用のスクリプトを若干修正.elisp はそのままでは動作しないので wnn7-elisp-el-1.02-1.patch.gz を当てて elc を削除.その状態で makepkg でパッケージングしてインストール.あとはライセンスファイルを /etc/dpkey/dpkeylist に置いた感じです.

当然,個人用の設定ファイルはホームに置く必要があります.現状のデフォルトからだと ~/.emacs.d/site-start.d の下に wnn7 用の設定ファイルを置いて,tamago.el とか uim.el などを削除する感じかな.

uim + anthy とかの環境もありますけど,何となく使い慣れた環境を使い続けてしまいますね.でも,いつかは wnn7 も動作しなくなってしまいそうで怖いんですけど....

_ パソコンのリターンキー

電車に乗っていたら,電車内でパソコンを使っている人がいた.なぜか,リターンキーだけ力一杯叩いてる.

「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「パン!」

「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「カタ」「パン!」

「カタ」「パン!」「パン!」

だれも喋っている人がいないから,妙にキーボードの音が車両に響き渡ってた.確かに会社とかでもリターンキーだけ力一杯叩く人,たまにいるなぁ.なぜなんだろう.

小指で力が入らないから,手全体で押してしまうのか?

でも,今日電車に居た人は人指し指か中指でリターンキーを叩いていたなぁ.

やっぱり.「ここまで入力できたぜ,どうだ!」って感じで気合い入れてリターンを叩くのかな.


2013-07-27 [長年日記]

_ Plamo-5.x 32bit 版

ちょっと前まで 64bit の方をいじっていましたが,何となく 32bit 版もインストールしていろいろといじってみてます.

contrib の下の mlterm やら google-chrome 辺りは動作しないようですね.この辺り,次のバージョンに向けて調整必要かもですね.

web ブラウザで google chrome が動作しないのはちょっとつらいけど,firefox は何となくあんまり好きではないので,代わりに opera を使ってみることにしました.32bit 用の tar.bz2 版を取ってきてパッケージに含まれているインストールスクリプトを使ってインストールしてみましたが,その状態で特に問題なく動作してるようです.

32bit 環境はこのまましばらく opera をメインで使う感じになりそうかな.

_ Wnn7 on Plamo-5.x (続き)

xwnmo も入れてみましたが,こちらも動作しました.03_xclassics 以下の glib, gtk+ が必要です.

ただし,/usr/X11R6/bin 以下にあるバイナリを /usr/bin 以下に移動させると xwnmo 上から単語登録や各種設定変更はできませんでした.コマンドがないと言われて何もできません.

どうやら xwnmo の内部でコマンド類の場所がハードコーディングされているようで,/usr/X11R6/bin 以下に wnnbushu, wnnenvutil などがないとダメみたい.ざっと探してはみましたが,コマンド類の場所を設定しているような設定ファイルは見つかりませんでした.

それにしても,Wnn7 って 2001年7月発売なんですね.OS 対応表みたら RedHat 7.1 とか Turbo 6.0, Laser5 6.4 とかの時代.Kondara も対応表にありました.12年前のバイナリなのに良く動いているなぁとちょっと関心.


2013-07-28 [長年日記]

_ iOS7 beta

Apple の開発者サイトも復旧したようですね.安く売っていた iPod touch を入手したので,iOS7 beta を取ってきて,その iPod touch にインストールしてみました.

第一印象はもっさりしてるなぁという感じでしょうか.まだ beta だしその辺りは改善されるんでしょうね.

あとは,画面はやっぱり全体的に白っぽい配色で,変更することは出来ませんでした.iOS6 と同様に色の反転はできますが,それをするとおかしな色になってしまうので使えない感じ.黒っぽい色にしたければ,アプリ側で設定できる物を使わないとダメみたいですね.

これまで使っていたアプリは問題なく使えているようです.ただし,OS に付属しているアプリのソフトウエアキーボード等は新しいものが表示されますが,その他のアプリはこれまで通りの iOS6 のままのソフトウエアキーボード表示になります.

全体的には,過去互換性もわりときちんと取られているようですし,どこまでもっさり感が取れるのかは分かりませんが,まぁそんなに悪い感じはしないかなぁと思いました.

_ Plamo-5.x 32bit版 フリーズ

インストールしていじってみてましたが,電源の入った状態でしばらく放置しているとフリーズしてしまうことがあります.

一度目はたまたま起こったのかなぁと思っていましたが,これまでに3回ほどフリーズしたのでたまたまではないみたい.

東芝の Dynabook SS RX1 にインストールしてありますが,X を立ち上げてそのまま放置しておくとマウスも全く動作しない状態になっています.CPU ファン等は全開状態ではなく普通に静かです.

何が悪さしているのかなぁ.Plamo のログファイルにも何も残っていないようですし,ソフト的なのかハード的なのかもよく分からないです.ちょっと気持ち悪い感じ.

私だけの症状なのかなぁ.

_ そういえば

今の Plamo って Mac でも動作するのかな?

一時期は動作するように調整してましたが,最近どうなんだろう.試してみたいけど,試せるマシンが手元にないなぁ.

あんまり動かすメリットはないかもしれないですけどね.


2013-07-29 [長年日記]

_ Plamo-5.x 32bit版

ThinkPad の方にインストールしてみましたが,今のところフリーズすることは起こっていません.ただ,何だかやっぱり不安定な感じがします.

ハイバネートしたところ,次回起動時にカーネルパニックで立ち上がらなくなってしまいました.あと,何だか CPU のファンがうるさいなぁと思って調べてみたら,知らないうちに emacs のゾンビプロセスが大量に走っているとか.

あんまりそういうレポートはないので,やっぱり私だけなのかな.それとも 32bit 版はあまり使われてないだけなのか.


2013-07-30 [長年日記]

_ Wnn7 on Debian 7.1 (amd64)

ついでに Debian wheezy の方にもインストールしてみました.これまで anthy 使ってたけど,wnn7 の方がやっぱり快適です.ただし wnn7 を使ってるのは emacs 上のみです.デフォルトの漢字コードが euc じゃないので xwnmo の方は試してないです.(たしか xwnmo って euc じゃないと正しく動作しなかったはずなので)

結構はまったので,後程,手順は詳しく書いておきます.はまった時にはいろいろ検索すればほとんど解決法が出てきました.ドキュメント残してくださった先人達に感謝です.

Debian は multiarch がサポートされているので amd64 上に i386 な Wnn7 を入れても動作します.

Plamo の方は 64bit 版に wnn7 を普通に入れても動作しないと思います.私が知らないだけで、なんとか動作させる方法はあるのかな?



アクセス数:本日,昨日