トップ 最新 追記

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2011-01-12 [長年日記]

_ ここの

tDiary をアップデートしました。 ついでに、Rubyも。

_ web 関連技術

最近は JavaScript の書籍を読んでいたりします。あと、まだ読んでない html5 の書籍が残っていますが、これで一通り、最近の web 関連技術トレンドに追いついてきた感じでしょうか。

まだ、書籍は読んでいる途中ですが、いろんな本を読んで、ようやく MS の IE6 が嫌われている理由が分かりました。これなら IE6 はサポートしたくないと思うのは当然ですね。また、今まで IE6 で動作しているシステムをアップデートするのも面倒だと思いますね。

知るの、遅すぎ? (^^;;


2011-01-15 [長年日記]

_ つぎは

クラウド関係の書籍買ってみようかな。hadoop あたりと Google App, amazon EC2/S3 関連を知っておけばいいのかなぁ。

とは言いつつ、まだ web 関連書籍も読み終わってない...。

_ たまに

出先からウチのパソコンにアクセスしたくなるときがある。でも、今はできない。サーバーマシンに OpenVPN あたりを入れて、ルータの設定などを行って環境を整えてみるかなぁ。


2011-01-17 [長年日記]

_ スマートフォンから

書いてみるテスト。使っているのはソニエリの x10 mini pro です。

_ クラウド関連書籍

書店に行って少し漁ってみました。 オライリーの「Hadoop」、技術評論社の「Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)」あたりがよさそうかなぁと。Hadoop の本はちょっと分厚かったので詳細が必要になれば購入すればいいかと思って保留。結局、Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)だけ購入してきました。

割と面白そう。

_ クラウドファイルシステム周り

ちょっと調べてみた。GFS と iSCSI 使うのが割とポピュラーな感じですね。iSCSI は最近、対応 OS やサポートしているハードディスクも増えているようだし、時間がとれればどんな感じか少し試してみたい感じです。

ローカルディスクアクセスよりも環境によっては高速になるみたいで、ちょっと魅力的ですね。


2011-01-18 [長年日記]

_ 停電対策

冬になったので、暖房器具をつけて生活することが多くなってきましたが、その状態で掃除機をかけてたらいきなりブレーカーが落ちてしまいました。pcや家庭内サーバーなども電源が入っていたので、かなーり焦ってしまいました。

サーバーやpcを立ち上げなおして、チェックしたところ問題はなさそうだったのでひと安心でしたが、今後は気を付けていなかいとダメですね。

これを期にupsを入れた方が良いのかなと、ちょっと考え中。サーバー自体は180wのacアダプターで動作してるマシンなので500VAもあれば十分かな?ちょっと、何が良さそうか調べてみよう。

_ upsといえば

apcという感覚なのですが、オムロンも評判良さそうなんですね。

ちょっと調べてみたら、apcのやつはほとんど出力が矩形波なんですね。オムロンの方は安いものでも正弦波出力のやつもあったりしますね。オムロンの方でも、オープンソースで管理ツールが公開されているものを使えば、RedHat 系以外のディストリビューションでも動作するようなので、試しにオムロンのやつを購入してみようかなぁ。

_ 地デジ対策のデジアナ変換

地デジ対応の液晶テレビとかは購入して少しは対策したのですが、よく使っている一部の機器で、地デジに対応した代替品がないのでどうしようかなぁと思ってちょっと悩んでました。

デジアナ変換器が安く販売されていたりしないかなぁと思って調べてはみたものの、マスプロのやつとか八木アンテナのやつとかはどうみても業務用。個人用途のものはなさそうな感じ。海外だと普通に売ってるようなのに、この辺のものが日本だと個人用途向けに販売していないのは利権がらみなのかなぁとちょっと疑心暗鬼だったり。

で、ウチのネットワーク環境はフレッツ光を導入していて、その上のフレッツ・テレビでテレビを見てました。何気なくフレッツ・テレビのホームページを見たら、フレッツ・テレビってデジアナ変換してくれてたんですね。ちょっと驚きました。

フレッツ・テレビのデジアナ変換自体は2015年3月31日まで行ってくれるようなので、あと四年間はフレッツテレビを解約しなければアナログしか対応していない機器も問題なく使えると言うことになりますね。かなーり嬉しいかも。

でも、これを前から知ってたら、地デジ対応の液晶テレビに買い換えずにずーっとブラウン管テレビを使っていたかもな。壊れることなく普通に使えてたし、特にブラウン管テレビに不満もなかったので。。。


2011-01-19 [長年日記]

_ ちょっと頻繁に

日記をつけてみようかと思って、ここ数日はまめに書いてみてます。

_ CentOS 5.5 の iSCSI サポート

クリーンインストールする機会があったので、何となくインストーラーを見ていたら、パーティション設定時に iSCSI のディスクを割り当てられるようになっているんですね。今まで知りませんでした。

古いバージョンからアップデートを繰り返して使っていると、インストーラーの動作を改めてみることはほとんどありませんが、たまにクリーンインストールを実行してみると新しい発見があったりするので、いろんなディストリビューションでクリーンインストールを定期的に行ってみるのもいいことかもしれないですね。

最近は、VMware とか Parallels とか仮想マシンが手軽になったので、クリーンインストールも簡単に試すことができますしね。


2011-01-21 [長年日記]

_ UPS

どうせ購入するなら、フレッツ光のルーターや HUB なども一緒につないで置こうかと思ったら、正弦波出力の方が無難かなぁと思い、また、これまではずっと APC の UPS ばかり使っていて、オムロンの UPS は使ったことがなかったので、試しに一度買ってみようかなということで、amazon でオムロンの オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力) 500VA/300W BY50S を注文してみました。届いて、少し使ってみたら感想を書いてみたいと思います。

あまり気にしていなかったんですけど、kakaku.com ではこのオムロンの UPS は割と人気だったようですね。でも、一昔前に比べれば UPS も安くなりましたね。

_ プログラミングについて

最近ちょっと、セキュリティを考慮したプログラミングにも興味があり、いろいろと調べてみていたりします。

とりあえず、セキュリティといえば JCERT/CC かなぁということで、JCERT/CC が翻訳している CERT C Secure Coding Standard 日本語版 を時間があるときとか、気分転換したいときにぼちぼちと目を通していたりします。

今まで、あまり気にせずにコーディングしていたことに関しても気を配らないといけないことに改めて気がついたりして、なかなか新鮮な感じがしています。これからのソフト開発者はこういう知識も常識として持っておかないと通用しない感じがしています。

そういう私はどちらかといえばハード設計が本業なので、あくまでソフト開発は趣味的なものなんですけどねー。

_ バッファオーバーフロー

によるセキュリティホールという言葉はよく聞きますが、C で気をつけてコーディングするのは知識がないと割と難しいですね。

でも、これを見つけて、その脆弱性を使っていろいろと仕込むデータを作っている人もすごいなぁと思うのは私だけでしょうか?オープンソースのライブラリなんかを使ってれば、そのライブラリに脆弱性が見つかれば、そららを使っていそうなものは芋ヅル式にどこに穴があると分かるかなぁと思うんですけど、そうでもなさそうな機器のソフトで見つけるのって大変じゃないのかなぁ。

問題あるかもしれないのであまり詳しくは書きませんが、最近は脆弱性を探すためのいろんなツールが出回っているようなのでそれらを使えば簡単なのかなぁとも思いますが、でも、それにしてもいろんな知識とか、結構試行錯誤は必要かと思うんで時間はかかるんじゃないかなぁと思います。

でも、Plamo Linux というディストリビューションを作る作業もそうですけど、いろいろ試行錯誤したり、なかなか動かなかったものが動作するようになったりすれば嬉しかったり、また、楽しかったりするので、脆弱性の穴を見つける楽しさも同じなのかなぁと思ったりもします。

なんか、とりとめのない文章になってしまいましたね....。


2011-01-23 [長年日記]

_ オムロンの UPS BY50S

amazon で購入して、届いたのでセットアップしてみました。

使用している OS は Debian/GNU Linux。UPS に付属している管理ソフトである PowerAct Pro の Linux での対応 OS は RedHat と Miracle (Asianux) だけだったので、中身は見ないで Simple Shutdown Software(オープンソース版) をとってきてインストールしました。ソースのコンパイルが必要かなぁと思ったのですが、バイナリを入れてみたところ、ライブラリの依存関係も問題なく動作していそうな感じだったのでそのままバイナリを使うことにしました。動いているデーモンの状態を見ても、とりあえず問題なさそうな雰囲気。

電源をいきなり切ったりする実験はちょっとおっかないのでやってはないですが、とりあえずは普通に使えているようです。本当は、試しておいた方がいいとは思うんですけどね...。

_ ThinkPad X201s

とりあえず購入して使っていますが、マシンのスピードとか画面、キーボードとかはかなり満足しています。ただ、ちょくちょく外出時に持ちあるく事がありますが、やっぱりちょっと重いですねぇ。この重さだけが何とかなればいいかなぁと思うんですけど。Lenovo のマシンでもっと軽いものが出れば言うことないんですけど、たぶんこれ以上軽いものは出ないだろうからなぁ。

ちょっと不満な点がでると、ちょこちょこと他の PC で良さそうなのがないかなぁと思って調べてみたりするけど、他に魅力的なマシンも少ないんですよね。気になるのは MacBook Air とかですけど、重量的には X201s とそんなに変わらないんですよねー。それより軽いのはやっぱり VAIO P とかになるのかなぁ。VAIO P はたたき売り状態なので、そろそろ生産終了なのかな?


2011-01-24 [長年日記]

_ amazon Kindle

これまで2世代目の Kindle を使っていましたが、ちょっと気になったので 3世代目の Kindle を注文してみました。

注文したのは 3G+WIFI 版です。2世代目 Kindle を使っていたときに 3G 環境で書籍が思い立ったときに購入できると言うことがかなり魅力的でしたので、3世代目の購入にも 3G 付きを選びました。

どうして買い換えようかと思ったかって言うと、軽くなったのと、日本語に一部正式対応されたというのが一番です。2世代目の Kindle でも、日本語が扱えるようなパッチを作って配布している方がいますが、ファームがアップデートされるとその追いかけっこになって面倒だなというのがあり、やっぱり本家で対応された方が安心感があります。また、普段出かけるときに Kindle も持って行こうかと思うときには少しでも重量は軽い方がやっぱり良いなぁと思ったって感じです。

届いて使ってみた感想ですが、2世代目よりも操作キーが小さくなったり、カーソルキーがジョイスティック形式からボタン形式に変更になっているのが何だかとっても使いにくい感じがしてます。操作は2世代目の方が全然使いやすかった気がします。

重量は、第一印象は何これ?って思うくらい軽くなった感じです。でも、amazon が販売している 純正の革のカバー も購入しましたが、これを付けると重量は倍くらいの重さになってしまってあんかり軽さの感動はなくなってしまいました。

本当はケースなんか付けずに裸で使いたいと思うタイプなんですが、どうしても Kindle の画面ってすぐに傷ついたりしそうなので、ケースも同時に購入しました。また、ケースも純正じゃなくても良さそうなのがあれば他のものでも良いんですけど、日本国内だとあんまり売ってなくて、実際に手にとって比較もできないし、ネットで調べてみても他にあんまり良さそうなものがないなぁという事で、今は純正のものを購入しています。

ちなみに、iPad とか iPod touch なども持っていたりしますが、これらの画面は丈夫そうなので、ケースなどは付けずに全部裸のままで使っています。2世代目の Kindle 購入時も、最初はケースなんかいらないやと思っていたのですが、届いて数週間使った感じ、ちょっと裸のままではやばい感じかなと思って、再びケースだけ注文をかけたという経緯があります。

_ 本当は

Kindle 持っているなら、コンピュータ関係の書籍もこれで買ってしまった方が良いんじゃない?ってのはあるんですが、どうしてもリアル書籍を購入しています。

PHP とか JavaScript とかの言語仕様に関するもので、理解するだけなら英語のものでも良いんですけど、たまに分からないときにざっと調べるというときには紙の書籍の方が便利で、かつ、斜め読みするのはどうしても日本語の方が早いってので日本語翻訳された紙の書籍をメインに購入してます。かつ、それらを切り開いて自炊することもしていません。

あと、購入したいと思ったコンピュータ関係の書籍って、 amazon の Kindle 用と、日本語翻訳された紙の書籍でそんなに変わらないって理由も紙の書籍を購入する理由だったりします。そもそも、こういう書籍って需要が少ないから値段差があんまりないのかな思っていたりしますが、値段差がかなり出てくるなら Kindle 版を購入して使いこなしで頑張るってことを考えなくもないです。

ということで、主に Kindle で読んでいるのは、海外ものの小説とか雑誌系、あとは手元にあって紙じゃなくても良いやって思った雑誌や小説などを自炊して作成した pdf ファイルって感じになっています。

_ mac で VIDEO_TS ディレクトリの再生

いつの頃からか、mac の DVD プレーヤーで DVD オーサリング後の VIDEO_TS ディレクトリの再生がドラッグ&ドロップでできなくなって不便だなぁと思って、仕方ないから代わりに VLC 使ってたけど、ようやく代わりの方法が分かった。

ドラッグ&ドロップでのやり方じゃないけど、オーサリング後のディレクトリに拡張子 .dvdmedia を付けてあげればディレクトリが DVD プレーヤーのアイコンに変わります。その状態でダブルクリックすれば、DVD プレーヤーが立ち上がるようになりました。当初やりたかったこととはちょっと違うけど、まぁ、ちょっと便利になるのでこれで良しとするか。


2011-01-26 [長年日記]

_ クラウドへの

データ保存って怖いと思ってるのは自分だけなのかなぁ。いくら、情報の秘匿性は守られますとは言っても、どこまで本当なのかよく分からないし。警察などの捜査時とかは、本人承諾を得てから提出されるのかな。

そのあたりの事項って、データ保存できるクラウド系のサービス時に同意事項として表示されているのかなぁ。Evernote のホームページを見てみたら利用規約はなんか細かい字でたくさん書かれてますね。保険の契約書とかみたいに、わざと読みにくいように書いているしか思えないですね。:-)

今まで食わず嫌いだったけど、ちょっと登録してみるだけ登録してみようかなぁ。

無料で適当に使えそうなものだと Dropbox, ZumoDrive, SugarSync, Evernote あたりで、有料だと MobleMe とかかなぁ?

_ 冷静に考えると

google にアカウント作っているんだけど、これってクラウドにデータ保存していることになるのかもしれないなぁ。

Gmail で受け取ったメールや、ブックマークなどが google 上に置かれていることになりますもんね。でも、Android 携帯を使ってアプリのダウンロードとかするためだけにアカウント作っただけで大したデータを置いているわけではないので、本格的に活用しているって訳ではないけど。

こうして考えると無意識にクラウド上に保存されているデータに依存して生活していることになって、それもちょっと怖い感じがしますね。ネットつながらない環境になってしまうととたんに何もできなくなってしまうし、データも取り出せなくなりますからね。


2011-01-29 [長年日記]

_ クラウドだけでなく

手元にデータが置かれてないという意味では、ここのホームページのデータも同様ですね。この日記のデータはここのサーバーのマシン上にしかないし。

まぁ、ここの web データがなくなってもまぁいいかくらいかな。でも、世の中の人たちは、手元にデータを置かずにクラウドや、離れたサーバ上だけに大事なデータを置いていたりして運用していたりはしないんでしょうか?

そういう運用していた場合、何かあってそのデータが取り出せなくなったりすると大変なことになるかなぁと思うんですけどね。

最近、ホームページのサービスの終了をアナウンスしている会社もぽつぽつと見ますが、そこで運用していたユーザーのホームページデータの移行方法や移行先なんかで問題になったりする例も見ますからね。



アクセス数:本日,昨日