トップ «前の日記(2008-02-25) 最新 次の日記(2008-02-28)» 編集

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2008-02-26 [長年日記]

_ MacPro 上の Plamo 開発環境

当初,Parallels 上に Plamo をインストールして構築しようかと思っていたけど,Parallels が 1CPU しか使えなのでイマイチうまみがないな.ということで再起動して使うように Plamo をハードディスクに直接インストールしてみました.

まず,Plamo 用に Windows で使っていたハードディスクを MacPro 内部に 1台増設し,Mac 上からハードディスクの内容をすべて削除して GPT でパーティションを新規に3つに切りました.OS 用と swap 用,それと home 用の3パーティション,

その後,とりあえず Plamo-4.22(?) あたりのパッケージ全体を入れている DVD-R を使ってブート,そのまま新規インストールを行いました.インストール後,再起動してハードディスクからブートしようとしたけどうまくブートできず.Mac のブートセレクタは rEFIt をインストール,Plamo の方は grub をブートパーティションの先頭にインストールしています.仕方ないので DVD-R の grub を使って手動でブート.この状態で特に問題なく使えている感じでしたので,grub だけがうまくインストールされていない様子.

次いで,Plamo-4.5 ベースにするために,DVD-R に入っている Plamo-4.22(?) のパッケージツリーを home としてマウントしてあるハードディスクにコピー,rsync を使って plamo.linet.gr.jp と同期させて Plamo-4.5 ベースにしました.

その Plamo-4.5 ベースのツリーから,最小限のパッケージだけ入れたブート用の CD を作成.それを使ってブートした後,先ほど入れた Plamo-4.22(?) を削除して,ハードディスクに置かれているパッケージツリーを使って Plamo-4.5 を新規インストールしました.

再起動したら,やっぱりハードディスクからブートできず.うーむ,どうしてだろう?再び,DVD-R の grub を使ってとりあえずブートしました.いじってみた感じ,ブートセレクタがうまく入らないことをのぞいて問題なく動作している様子.8CPU とも認識されているし.

というわけで,一通り環境構築でき,この環境で KDE 4.0.1 のパッケージは作成してみました.ブートセレクタの件は追々調べていきたいと思っています.

_ ハードディスク

という感じで,ハードディスクを今まで使っていたものをどんどんいれてしまった結果,MacPro って SATA のハードディスクを4台内蔵できますが,あっという間にすべて埋まってしまいました.

バックアップ用のハードディスク,どうやって増設しよう....やっぱり USB とか e-SATA, IEEE1394 とかの接続にするしかないのかなぁ.



アクセス数:本日,昨日