トップ 最新 追記

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2007-12-02 [長年日記]

_ 新しい開発用のハードディスク

購入してきました。HGST 製の SATA 160G。5800円の出費ー。ちょっと痛いなぁ。


2007-12-05 [長年日記]

_ Plamo ツリー取得

新しいハードディスク買ってきたので,Plamo のツリーを取ってこようと作業開始.

手元には夏くらいのスナップショットを焼いた DVD があったので,これを使ってとりあえず Plamo の新規インストール.その後,DVD の中のファイルをハードディスクにコピーして,このファイルと現在の差分を rsync でコピーしました.うちの通信環境は 1.5M な ADSL なので全部同期させるのに半日程度かかってしまいました.

そのあと,現在のツリーを使って新規インストール.

で,今に至るという感じ.とりあえず,開発環境はできました.結構時間かかったなぁ.

_ 通信環境

一時期,12M な ADSL にしていたけど,通信代が高くなる割に 1.5M と通信速度が変わらなかったので,1.5M に戻したという経緯がありました.あ,ちなみにプロバイダは asahi-net です.

で,最近の通信環境ってどうなっているのかなぁと思って,asahi-net のホームページ調べてみたら全然変わってるんですね.

いつの間にか,私の契約していた環境は 50M までつかるようなコースに変わっていました.でも,手元には自分で購入した 1.5M なルーター付きモデムがあるので通信速度を変更するためにはモデムの購入しないと駄目ー.

でも,超割 ADSL とやらのコースが新設されて,モデムも無料だし,通信費も今より安くなった上に,通信速度も 1.5M から 12M に変わるみたい.通信費がやすくなるのはちょっと魅力的かも.

というわけで,回線変更を申し込んでみました.変更費用が NTT に 3203円,asahi-net に 3150円かかるけど,通信費が 3059円から2090円に 1000円程度割引になるから,まぁ半年程度で元はとれるかなぁという感じです.


2007-12-08 [長年日記]

_ KDE 4.0RC1

ソースを取ってきて,一通りパッケージ作成できる環境を整えました.結構,思ったより時間と手間がかかってしまったなー.

で,とりあえずパッケージを作成してみました.koffice 含めてエラー無くパッケージはできたけど,KDE を立ち上げると knotify4 が sigsegv で落ちてしまいますね.バックトレースログを見ても,原因は特定できないけど,libaudio まわりでエラーになっている雰囲気かなぁ.

web で調べて見ても,KDE4 での同様の報告はなさそうなので,うちだけの問題なのかなぁ.

_ CoCoon のハードディスク

Plamo の作業用の PC のハードディスクが飛んでしまって,ようやく復旧できたと思いきや,日をおかずに今度は CoCoon のハードディスクが飛んでしまいました.

ここではちょくちょく書いていますが,CoCoon とはソニーの販売していたハードディスクビデオレコーダです.使っているのは CSV-EX11 で web は このあたりにまだ残っているようですね.最近,地上デジタル放送が主流になり,対応レコーダーなどが流行っていますけど,地上デジタル放送はコピープロテクトが厳しく,録画したビデオが自由に使えません.でも,この CoCoon はこれまでの地上波放送録画機で地上デジタル放送は録画できませんが, Windows/Linux/PS3 から CoCoon の内蔵ハードディスク中のビデオファイルに自由にアクセスできるので重宝しています.

この CoCoon ですけど,この2日くらい予約録画していた番組が録画できていなくてどうしてなんだろうと不思議に思っていた矢先に,電源を入れたところハードディスクから異音がして「サービスに連絡してください」みたいなメッセージが出て立ち上がらなくなってしまいました.

一瞬,目の前真っ暗.同様の代替製品って出てない状態ですから.web で調べてみたところ,修理に出した人もいて,ハードディスク交換は4万円程度かかるらしい.でも,CoCoon のハードディスクの中身は Linux なのでデータが吸い出せれば自分で修理できる...とちょっと思案.

とりあえず,壊れたハードディスクを PC につないで,PC で Linux 立ち上げてハードディスクにアクセスしようとしましたが,何度かやっても全く認識しない様子.あきらめずに何度か繰り返しているうちに,たまたまアクセスできた時があったので,すかさずシステム領域の内容を dd コマンドで取り出しました.ビデオデータの方はさすがに 500G 分のデータを取り出す余裕もなかったのであきらめてしまいましたが....dd コマンド中にエラーがなかったものラッキーでした.

とりあえず,システム領域のデータが取り出せればこちらのものです.交換用の新しいハードディスクを買ってきて,PC に接続して PC の Linux 上からパーティションを切って,dd コマンドで取り出したデータをコピーして CoCoon に取り付け,無事復旧しました.元々は 250G のハードディスクが2台入っていましたが,新しく購入したものはどうせならということで 500G のハードディスク2台構成にしてみました.

という感じで,無事復旧.よかった.

でも,「このシール剥がすと修理は受け付けませんよ」というシールが CoCoon 内部のハードディスクに貼ってあるのですが,これを剥がして交換しましたので,今後は修理などのサポートは受けられない筐体になってしまいました.でも,4年ほど前の製品ですので,まあ,放送が地上デジタル放送に完全に移行してしまうあと4年くらい動き続けてくれれば御の字かなと思っていますので,まぁ良いかなと思っています.ハードディスクも500Gから1Tになったし.

一応,書いておきますが,ハードディスク交換手順は詳しく書いているホームページなどがほかにあると思いますのでそちらを参照してください.私の方に質問いただいても,多分,お答えしないと思います.また,ハードディスクのシステム領域データには固有の番号が入っているため,同じデータを他の本体に適用するとまずいことが起こるようです.オークションなどで壊れた CoCoon のハードディスクを復旧させるためのデータを売買している場合もあるようですが,購入しない方がよいそうです.はい.



アクセス数:本日,昨日