トップ 最新 追記

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2007-02-04 [長年日記]

_ mac で grub が動作しないのは...

fedora の grub のソース見ていたら mac 対応のパッチが当たっていました.そのパッチは Xen の開発 ML あたりに投げられたもののようですね.そのパッチは grub-0.97 用で,asm.S に当てられるもの.Plamo の grub は 0.93 で,asm.S を見てみたけど全くソースが変わってしまっているので手で当てるのは無理そう.

grub のバージョンあげてこのパッチを当てる必要があるようで,結構手間かかりそうかなぁ.こじまさんに聞いてみようかな?

_ 風邪引いて

この1週間くらい体調がぼろぼろ.会社もほとんど休んで家で半日くらい寝てる日が続いています.のどが痛くて,熱が出てだるいからかなりきついです.

_ kernel リビジョン

名倉さんのツッコミ見て,kernel も見てみたけど,fedora のカーネルはそんなに新しいものではないからあんまり関係ないかなぁという感じ.とりあえず,grub の件が解決して kernel まわりでも何かありそうだったら追いかけるという感じかな.

_ grub バージョンアップ

手元で Plamo-4.2 に含まれている(?) grub の build スクリプトをベースに 0.97 に適用できるようにして Intel Mac 用のパッチを当てたパッケージを作成してみました.

これを使って Plamo-4.2 ベースで作成した CD を最小インストールでインストールした後,手作業である程度調整したところ,MacBook で Plamo が立ち上がるようになりました.

まだ,いろいろと問題はありますが,何とかなりそうな感じでほっとしました.


2007-02-06 [長年日記]

_ 小さい携帯用のキーボード

去年の5月くらいに,小さい携帯用のキーボードがほしくてSANWA SUPPLY SKB-SL04U スーパーミニキーボードを買ってきてみましたーというのを書きましたが,しばらく使ってみた結果,「全然使えないー」という感じで捨ててしまいました.キーを押し込む感じにムラがあって,キーを押したのに反応しない場合が頻繁にありました.やっぱり,amazon や kakaku.com などでみんなが書いてあった感想通りでしたー.

というわけで,今度はFILCO 折りたたみ式キーボード パピヨン FKB66PU を購入してみました.

去年年末くらいに購入して,実質数時間くらい使った程度ですが,キータッチとかはわりと好みで使いやすく感じています.ただ,USB のコネクタが折りたたみ式になっているのですが,これはなんだかすぐ壊れてしまいそうでちょっと怖い感じがします.あとは,右手と左手でタイピングするキーが分かれている構造になっているのですが,これが結構くせ者です.今まで全く意識していませんでしたが,私の場合,本来左手でタイプすべきキーを右手でタイプしているものがかなりあることがわかりました.そのため,このキーボードを使うと普段とは違ったタイピングになってしまうために,高速に入力というわけにはいかなくなってしまいます.まぁ,徐々に強制して本来の右手と左手のキー割り当てに直した方がよいかなぁとは思っています.

やっぱり,キーボードメーカーとしてある程度評価されている filco の方が品物としては良い感じですね.

しばらく使ってみて,また気が向いたら使用感などを欠いてみたいと思います.

_ Windows Vista

が発売になりましたが,売れているんでしょうかね?なんか,いろんなソフトメーカーから対応していないアプリのリストなんかがずらずら出てきていますが,購入した人って困っていないんでしょうかね?銀行系の web サイトも Vista じゃ使えないところもあるようですし.

Windows 2000 から XP に変わったときもそうですが,Windows 本体の値段よりも,新しい OS に対応させるための普段使っているいろいろなアプリのバージョンアップ代が馬鹿にならないと思っているのは私だけでしょうか?そのために,Windows ってバージョンアップはすごいためらってしまうんですよね.まぁ,ソフトメーカーによっては無料でアプリの対応パッチを作ってくれるところもありますが,まぁ,かなりの工数がかかっていることは見えているので,すべてのアプリに対して無料で新しい OS に対応しろーとは言えないかと思っています.

手元でも Vista のベータをとってきて数時間試しに使っては見ましたが,見た目が派手になっただけで特にこれはすばらしいと言うところもなかったのですぐに消してしまいました.

Windows もその他の OS (Linux も含めてですが) に関しても,OS という意味でバージョンアップがうれしいと思うことって最近はほとんどないと思うんですよね.どちらかというと周辺を取り巻いているアプリケーションなどが機能アップしたりして使いやすくなったからうれしいなという方が大きいような気がします.Windows に対してはマルチメディア系のサポートが充実してきたかなというところだし,Linux にしても OS の根幹と言うよりも,最近購入したハードが昔のバージョンではうまく動作しないけど,新しいのにはドライバが入っているようだから新しいのにするかという感じ.

OS 自体の互換性がきっちり保たれていれば,アプリなんてバージョンアップする必要ないし,どうしてそういう形にできないのかなぁと良く思います.ライブラリの関数の仕様なんかも同じですね.UNIX まわりでもライブラリの関数仕様が変わるために,芋づる式にコンパイルしないと動作しなくなってしまう場合があったりするといったい何を考えているの?って思ってしまいますね.


2007-02-11 [長年日記]

_ grub

新しいバージョンのパッケージをこじまさんが作成したくださったので試してみないと....

_ ちょっと前に

Plamo-4.2 をクリーンインストールしたついでに KDE, KOffice の新しいバージョンをパッケージング中.なぜか,コンパイル中にエラーが出ているなぁ.


2007-02-12 [長年日記]

_ 新しい grub

Plamo-test/for-4.2x 以下においてくださった grub-0.97-i386-P2.tgz を使って試してみましたが,Mac でも grub のインストールが出来るようになりました.

_ installer のカーネル

手元で 2.6.18 ベースにしたところ,インストーラー中でキーボードがおかしい症状はなくなりました.

とりあえず,installer のカーネルを入れ替えたものを作成してインストールを試してみましたが,インストール,再起動,X の設定,ユーザーの登録, KDE の立ち上げと特に問題もなく出来るようになったみたいです.

ただし,installer 中から linux 用のパーティションを切ったりはまだ出来ません.

_ Apple ワイヤレスマウス

MacBook 用にこれまでは Logitech の USB マウスを使っていましたが,USB ケーブルがじゃまだなぁと思ってApple Mighty Mouse Wireless Mighty Mouse を購入してみました.

1週間くらい使った程度ですが,思っていたよりも使いやすいです.電池2本入れた状態で私的には丁度良い重さです.ただ,マウスの大きさとしてはちょっと小さいかなぁという感じがします.あとサイドに付いているボタンは少し堅めでちょっと使いにくい感じ.しばらく使っていれば柔らかくなってくるかな.でも,全体的には満足度は高いです.

会社のデスクトップではMicrosoft Trackball Explorer ,家のデスクトップではMicrosoft IntelliMouse Explorerで MacBook では今回購入したものとバラバラな構成になっていますが,どれも一長一短です.個人的にはトラックボールが好きなので一番トラックボールが使いやすいのですが,上向きにボールが付いているのでボールを支えているベアリングにほこりがたまってしまうので頻繁に掃除しないと駄目なので割と面倒です.マイクロソフトのマウスは手の形にフィットはしていますが,ホイールスクロールのぬめっと回る感じはあんまり好きじゃありません.

一時は全部トラックボールにそろえようかと思ったこともありましたが,この使っているトラックボールって製造中止になったんですよね.トラックボールが壊れてしまったら新しいものを調達する際の選択肢がどんどんなくなってきていて,少し心配な状況です.


2007-02-17 [長年日記]

_ MacBook 用 Plamo インストーラ

parted と gptsync をインストーラーに仕込んでみました。とりあえず、この状態でインストーラーを作ればコマンドラインを駆使すれば一通りのことはできる状態になったかと思います。

手元で作ったものは kernel が日本語を通さないので setup コマンドからインストールしようとすると文字が化け化けなので何が表示されているか知らないとインストールできないですがこんなものでも公開してみた方が良いかなぁ?

あ、あと parted とか gptsync とかの使い方も知らないとダメですけどね。


2007-02-18 [長年日記]

_ Mac インストーラーのカーネル

やっぱり日本語が通らないと使いにくいかと思いましたので UNICON パッチを当てて日本語表示させるように修正したものを作ってみました.

ftp の方には転がしてありますが,説明も何もないと使えないと思いますので,興味のある方が試せる程度にはドキュメントを書いてそのうち置いておきます.

_ あとは

細かいインストーラのカーネルの調整と setup コマンドに必要な処理を仕込む程度で大丈夫なのかなぁ.

手元の MacBook でしか試していないので Mac なデスクトップでも大丈夫なのかちょっと不安.


2007-02-19 [長年日記]

_ インストーラーの setup スクリプト

インストーラー上からパーティションを切る細工を入れるのはそんなに難しいことではないのでとりあえず手元で作るだけ作ってみました.テストはまだ全くしていない状態ですがー.

この状態なら,予備知識はある程度必要ですが何とか使えるレベルかな.テストしないと....

_ わりと

インストーラーとかブートまわりのチェックって大変ですね.Plamo 初期の頃のこじまさんなどの努力には感服してしまいます.今なら PC 互換機なら VMware などの仮想マシンのシステムがあったり,メディアは CD-R/RW や DVD-R/RW が安価に手に入りますけど,当時はそんなこともなかったと思いますからね.

AT 互換機だとあんまり試行錯誤もないけど,Mac 相手に kernel の差し替えなど,いろいろと作業をしているとよくはまってしまっています.AT 互換機上の VMware で試して大丈夫だということを確認して CD に焼いても,その CD を使って Mac でブートしてみるとキーボードが全く動かなくなってたり,HDD を全く認識しなくなったりしてガッカリってことが多いです.そうなるとまた修正して,CD 焼いてっての繰り返しになると,だんだんつらい作業になってきますね.



アクセス数:本日,昨日