トップ «前の日記(2007-01-18) 最新 次の日記(2007-02-04)» 編集

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2007-01-24 [長年日記]

_ parted

MacBook 用に GPT の書き換えをやってくれるパーティションツールを探したら parted がありました.というわけで,これを Plamo のインストーラーに仕込めばいいだけなのかな?

_ Fedora Core 6

MacBook に対応しているということで iso イメージをとってきてインストールしてみることにしました.

FC6 の iso イメージを DVD に焼いて,その DVD からブート.rEFIt で DVD からのブートを選択したらFC6 のインストーラーが立ち上がりました.GUI のインストーラーもばっちり.で,BootCamp で Windows 用に切ってあったパーティションを削除して代わりに ext3 なパーティションと swap 用のパーティションを作成.そこにインストールしてみました.インストールのプロセスも何事もなく普通に終了.grub は linux パーティションの先頭に入れました.

その後,Plamo を普通に入れたときには立ち上がらなかった問題の再起動ですが,今回は rEFIt から ext3 のパーティションも無事認識され,FC6 のブートが選択できました.で,FC6 を立ち上げると X も MacBook の解像度にあった形で立ち上がりました.なかなかすごいですね.

でも,立ち上がってしまうと普通の AT 互換機の linux と一緒.当然と言えば当然なのですが,なんかふーんという感じで終わってしまいました.これなら AT 互換機で使っていた方が良いかなぁーという感じ.

とりあえず,少し FC6 の中身を見てみて Plamo の方にフィードバックかけられればなと思います.

_ Plamo インストール,再び

パーティション情報さえどうにかなれば Plamo をインストールして立ち上げることができるかなと思い,FC6 でパーティション切った後で MacBook に Plamo を再びインストールしてみました.

が,インストール後に再起動したら grub の途中で「stage2」と表示されたまま停止....grub は FC6 と同様に linux パーティションの先頭に入れました.

うーむ,いろいろありそうですねー.とりあえず,時間切れでまた後日.

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ 名倉 (2007-01-24 15:57)

linux-2.6.20-rc5-git2のChangeLogにGPTと書いてあるのを発見しました。



アクセス数:本日,昨日