トップ 最新 追記

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2006-04-01 [長年日記]

_ Plamo-4.2

リリースされました。

plamo ML で yatex から dvips とかがまともに動作しないって報告があったけど、だれも修正しないので、わたしの方で修正しようとしていたけど、間に合わなかったなぁ。

_ GLAN Tank

届きました。でも、まだ箱開けてません...。ちょっと、直近では落ち着いていじる暇とれないかもしれないなぁ。


2006-04-02 [長年日記]

_ Plamo-4.2 新規インストール

してみました。プリントアウトしようとしたら、見事に動作せず。うちで使っているのは HP の PSC2550 です。

KDE 上からプリンタの設定をして使おうとしていて動作しなかったのですが、CUPS とか foomatic-db-hpij あたりがおかしいのかなぁと思って追っかけてみたところ大丈夫そう。で、結果的には KDE の方がおかしい感じ。子プロセスで動作させている /opt/kde/bin/make_driver_db_cups が死んでいる様子。。。

そこまでチェックしてなかったなぁ。失敗したー。


2006-04-06 [長年日記]

_ GLAN tank

少し時間があったので箱から出して HDD なしで組み立ててみました。挑戦者の製品ってはじめて買ったんですけど、シールとかまで自分で張るんですねー。まぁ、シール張るだけでも工場で作る場合に工数になりますから当然といえば当然なんでしょうけど、少し新鮮でした。

その後、余ってる 3.5inch 60G ATA のハードディスクに入れようかなぁとおもってノートパソコンに USB - ATA 変換コネクタをつけて接続。GLAN tank に付属していたインストール CD をノートパソコンに挿入してブートしてみました。で、インストールする HDD の選択画面になると hda しか出てこなくて sda が出てこない。このインストーラーって ATA 接続されたハードディスクへのインストールしか対応していないのね。

ということで、挫折してしまいました。

本格的なインストールはデスクトップパソコンを分解するほどのたっぷりした時間があるときにします。はい。

ちょっと調べたところ、無理やり上記と同じ接続方法でノートパソコンからインストールする方法もあるようですけどちょっぴり怖いのでやめておきます。インストーラーの途中で無理やり止めて手作業でインストールするみたい。

_ GLAN tank installer

ちょっと手作業でインストールを行うコマンドを見ていたところ、興味が湧いてきたのでインストール CD の中をごにょごにょと見てみました。

インストーラは python で書いてあって、その中から dd, fdisk, mkfs, tar するための sh script を読んでいるだけの様子。なんか少しいじれば USB 接続された HDD にも簡単に対応できそうな感じ。

でも、いじって修正するよりもたぶんデスクトップばらしてインストールした方が早いんだろうなー。

HDD への OS インストール自体は、まとめてある tar ファイルを展開するだけの単純なもののようです。それにしても、インストーラの中に書かれているコメントとか、コメントアウトされた各種コマンドを見てると試行錯誤しながらデバッグしていたのかなぁというのがありありと見えてちょっぴり面白いですね。これらを削除せずに販売しているところも、挑戦者ブランドだからなんでしょうかね。(^^;


2006-04-08 [長年日記]

_ GLAN tank

組立ててみました。

あまっていた 80G HDD をデスクトップについないで付属の CD からブートさせて OS, MBR のインストール。5分くらいで終了。その後、本体に接続。スレーブには 60G HDD を使いました。その後、電源を入れると「ピッピッ」と言う音が5分くらい続いてスレーブ HDD の設定などが行われ、使えるようになりました。

とりあえず、web の設定画面から IP の設定を行った後、サービスをほとんどとめて、telnet だけに。telnet 経由でログインした後、apt-get update, apt-get upgrade。あとは ssh, samba, nfs を apt-get install したあと、telnet サーバもとめました。

組み立て、インストール自体は簡単で、設定も簡単。挑戦者の web で難易度が「パソコン上級者only!」ってなってましたが、拍子抜けでした。まぁ、linux を触ったことがない人にとっては解決できないことがたくさんありそうかなぁとは思いますが、いじったことがある人にとっては普通の Debian な linux マシンです。はい。

もう少し環境を整えたら普通に使っていこうかなぁと思ってますが、音がこんなにうるさいとは思わなかったーっていうのが予想外です。まぁ、相当昔に使っていた、流体軸受けじゃない HDD を使っているのが悪いんですけどね。そのうち、やっぱり新しい HDD 買ってきそう。。。


2006-04-09 [長年日記]

_ KDE 3.5.2

ちょっと前ですが、3/28付けでリリースされています。Plamo-4.2 の bug fix もかねて 3.5.2 ベースで作り直したいと思います。



アクセス数:本日,昨日