トップ «前の日(01-16) 最新 次の日(01-18)» 追記

Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

2003|09|10|12|
2004|01|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2006|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2007|01|02|05|06|07|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|06|07|09|10|11|12|
2010|01|02|04|05|07|10|11|
2011|01|02|03|05|07|
2012|02|03|04|
2013|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|
2017|02|
2019|03|

2005-01-17

_ kde 3.3.2 security fix

セキュリティパッチが当たったものと Plamo-4.1 ツリーを差し替えておきました.

_ kde 3.4beta1

と思ったら次がリリースされたのね.


2010-01-17

_ VAIO type P

これまで使っていたノートパソコンの VAIO C1MRX も限界かなぁという気になってきたので、少し前ですが VAIO type P (VGN-P90NS) を購入してみました。購入前に店頭でしばらくいじってみて乗り換えても大丈夫かなぁと思って購入してみたのですが、結果から言うとあんまり使っていないです。。。

確かに、CPU も高速になって、重量も軽くなって、メモリも大きく、解像度も高くなって、USB も 2.0 になって無線 LAN が内蔵になってなどと良いことは多いのですが、長時間使ってみると、液晶の解像度の高さがつらくなってくるのと、キーボードのつくりがイマイチな感じでミスタイプが非常に多いです。スペック云々ではなくって、トータルバランス的なつくりとして C1 の方が好みで、結局 C1 の方が良いかなってことになっています。。

_ 結局 VAIO C1MRX から C1MSX に

VAIO tyoe P を買ってみて、やっぱり C1 の方が使いやすいかなということでしたが、使っている C1MRX 自体もあんまり調子はよくないのでちょっと悩んでましたが、中古で買えば安く入手できるかなぁと思って中古を探してみることにしました。

1年半くらい前には秋葉原に中古の VAIO C1 系が大量に売っていたので、秋葉原に行って知っている限りの中古店などを回ってみました。けど、VAIO C1 ってもう中古でも出回っていないんですね。一回り小さい VAIO U1 などはあるんですけど、最近のネットブックの影響で C1 とネットブックってカテゴリー的にかぶっているためにすっかり売れなくなってしまったのか、まったく無し。半日ほど探してみたのですが、無駄足でした。

仕方なく、それじゃあオークションでということでということで、オークションで探してみました。元々、C1MRX を持っていてその周辺機器を使えば良いので本体だけで良いや、また、どうせならスペックあげようかなぁと思って C1MRX or C1MZX が良いかなぁと。

ということで、1ヶ月くらい探してみて、C1MSX で HDD を SSD に載せかえしているもので「本体だけで付属品はなし」というものを割とリーズナブルに入手。

最近はその SSD に載せ変えられた C1MSX を使っています。キーボードも使いやすくて快適。でも、ポトリがついていたほうがよかったかなぁと思うこともありますが、まぁなくても何とかなるのでとりあえず満足しています。

Type P の方は C1MSX が壊れたときとか、どうしても荷物の重量を減らしたいときに出先に持っていくときに使おうかなぁと思っています。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ ゆうゆう [はじめまして、C1MSXを所持している者で、 Type Pを買おうか悩んでいましたが。 この日記を読んでC1を現役で..]

_ matsuki [コメントありがとうございます. 私もいろんなブログとかけ掲示板を見ましたが,type P を購入しても C1 を使い..]


2011-01-17

_ スマートフォンから

書いてみるテスト。使っているのはソニエリの x10 mini pro です。

_ クラウド関連書籍

書店に行って少し漁ってみました。 オライリーの「Hadoop」、技術評論社の「Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)」あたりがよさそうかなぁと。Hadoop の本はちょっと分厚かったので詳細が必要になれば購入すればいいかと思って保留。結局、Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)だけ購入してきました。

割と面白そう。

_ クラウドファイルシステム周り

ちょっと調べてみた。GFS と iSCSI 使うのが割とポピュラーな感じですね。iSCSI は最近、対応 OS やサポートしているハードディスクも増えているようだし、時間がとれればどんな感じか少し試してみたい感じです。

ローカルディスクアクセスよりも環境によっては高速になるみたいで、ちょっと魅力的ですね。



アクセス数:本日,昨日